anyplace.workとは

  • HOME
  • anyplace.workとは

anyplace.work 富士吉田はキャップクラウド株式会社が運営するコワーキングスペースです。
2つの活動ビジョンを持って、2018年8月1日よりプレオープンしました。

活動ビジョン

(1)働き方の選択を拡げるスペースにする
ITツール活用方法や新しい働き方の文化づくり方法などの提案をします

(2)富士吉田との連携を意識したスペースにする
新しいビジネスチャンスの創出やコミュニティの形成を支援して、
視野を拡げる場所・活動の拠点を増やす場所としての価値を創出します

キャップクラウドが考える「働き方改革」

キャップクラウドは「働く場所」と「働く時間」の選択肢を拡げることが、働き方改革であると考えています。
なぜなら、働く場所が一箇所(会社)に限定されると、家で親の介護をしている人や、小さな子どもを育てている人は「会社に出勤できない」という理由だけで働くことができなくなってしまいますし、働く時間が限定されると、その時間に仕事ができる人しか働くことができなくなってしまうからです。
どちらの要素が欠けても、介護や子育てなどのプライベートな課題と仕事を両立させることは難しくなります。
正社員で就業したいと考えたとき、この「場所」と「時間」の問題は非常に大きいと考えています。
これを解決したときにはじめて、より多くの人が仕事に参加して、活躍できる「働き方」に改革ができると考えています。
キャップクラウドは、本当は活躍できる人材が「働く場所」「働く時間」の制約で仕事ができないという現状をなくしたいと思い、会社組織の中に「働き方の選択を拡げる」ためのITツールとスペース(コワーキングスペース)を提案します。


▲キャップクラウド株式会社 代表取締役CEO 萱沼徹

コワーキングスペースとは

コワーキングスペースは、しっかり集中して仕事に取り組める空間であり、複数の人とのコミュニケーションを深めて新しい視点を手にいれられるスペースです。
複数のエリアに分かれたスペースを活用して、一人や複数で仕事ができます。会員登録をすると月単位や年単位で自由にスペースを利用できて、会員登録をしていなくても1時間単位などでスペースを使用して仕事をすることができるコワーキングスペースが多く存在します。
個人の仕事場として活用する以外にも、他の利用者とのコミュニケーションを深める場所としての活用が可能です。
コワーキングスペースによっては毎日イベントを開催しているところもあり、新しい視点を手にいれる場所としての価値を見出すことができます。

働き方の選択肢を拡げるITツールとは

<キャップクラウドが提供しているITツールの一例>

Focus U タイムレコーダー
→ハードウェア不要の出退勤打刻管理サービス
今誰が出社しているか、今月どれだけ仕事をしているか、などの現状をリアルタイムで知ることができる。
場所・端末を問わずにいつでもどこでも打刻することが可能である。
「Focus U タイムレコーダー」説明ページ

Focus U 顧客管理
→社外にいる営業と、社内にいる経理が同じ顧客データをクラウド上で確認できる。
情報共有がスムーズなので、案件の進捗に合わせた対応に多くの確認を必要としない。
「Focus U 顧客管理」説明ページ