高校の授業で.workを活用してもらいました!

施設活用方法

.workは現在さまざまな用途でご利用いただいておりますが、今回は「高校の授業」で活用してもらったことをお伝えします!

オープン当初は仕事でスペースを利用してもらえる機会が多いと思っていましたが、実際に動きはじめてみると、イベントエリアを活用しての懇親会や社内研修、企業の合宿など幅広い内容でご利用いただいています。

今回は、「富士北稜高等学校 建築デザイン系列 デザイン班」の生徒さん8名の授業の場として利用してもらいました。
先生を務めるのは「富士吉田地域おこし協力隊 隊員 渡邉紀子さん」です。

授業のテーマはこちら!

Q-STA(富士山駅前の商業施設)を舞台にしながら、自分たちのまちにある建築物が多くの人にとって「行きたくなる」施設になるための方法を探る

授業はイベントエリアを使用しました。

ここのエリアに、折りたたみ式の机と椅子を組み合わせて配置し、参考資料がすぐ全体で確認できるようにディスプレイを置いて、即席教室の完成です。

授業が始まってから、少しお話する時間をいただけたので.workスタッフから「.work設立の経緯と、コワーキングスペースがもたらす相乗効果について」お話させていただきました。その後、生徒さんから授業で作成したという「富士吉田の気になる施設・訪問した施設」をまとめた白地図を拝見させていただき、地元の熱い気持ちを感じることができました。

高校生のフレッシュな熱意に答えることができるように、.workも積極的に情報発信していきます!
富士北稜高等学校の皆さま、本日はお越しいただきまして、ありがとうございました♪

〜.workはさまざまな用途でご使用いただけます〜
「これってできる?」「この設備ある?」という疑問をお持ちの方、ご連絡お待ちしております。
お気軽にお問い合わせください。

関連記事一覧

関連記事はありません。