.work RESIDENCE プロジェクト

Taste the whole
Work-Communicate-Play
~「働く場所」&「滞在拠点」をワンセットに~
絶景の富士山ビューシティで実現する理想のテレワーク

富士山麓にある快適な地方テレワーク都市で「働く・交流する・遊ぶ」をまるごと味わう

CONCEPT

働き方改革関連法案の成立・施行を皮切りに、世界的なパンデミックを引き起こした新型コロナウイルス感染症の影響を受けて、ここ数年で急速に普及した文化のひとつが、ニューノーマルな働き方であるテレワークです。

従来とは毛色が異なる働き方であるため、いまだに模索を続ける企業も少なくありませんが、昨今では、テレワーク課題の解決策として地方に活路を見出す企業が増えてきました。しかしながら、いくらテレワークが前提だとしても、地方へ移住するとなれば、問題は仕事面だけにとどまりません。

.work RESIDENCEプロジェクトでは、テレワークに関するあらゆる条件が揃う山梨県富士吉田市にて、働く場所と滞在拠点の選択肢を複数ご用意し、日常生活まで視野に入れた理想のテレワーク環境をご提供いたします。

働く―Work

富士吉田市は、絶景の富士山ビューが望める有人と無人のコワーキングスペースをはじめ、テレワーク向きの飲食店や宿泊施設など、会社でも自宅でもない第3の場所であるサードプレイスオフィスが点在する充実のテレワーク都市です。働く場所が限定されがちな地方においても、利用する目的や用途に応じてお好みのワークスペースをお選びいただけます。

交流する―Communicate

.work RESIDENCEプロジェクトの中核を担う「ドットワーク富士吉田」は、新しいビジネスチャンスの創出やコミュニティ形成の支援に取り組むコワーキングスペースです。施設内における日常的な交流はもちろんのこと、定期的に開催される交流イベントや、運営するビジネスマッチングサービスでは、市内外を問わずに交流を広げていただけます。

遊ぶ―Play

.work RESIDENCEプロジェクトの舞台となる山梨県富士吉田市は、関東屈指の観光地である富士五湖エリアの中枢にある街です。オフの日には、富士山麓の大自然を存分に満喫できるアクティビティや、世界的にも有名な観光スポットの散策も気軽にお楽しみいただけます。

2つの社会問題に対して同時にアプローチをかける

東京一極集中と地方の人口減少、互いに関連性を持つ2つの社会課題は、今回のパンデミックにより、以前にも増して深刻さが露呈しました。.work RESIDENCEプロジェクトでは、都内から車で約2時間の距離にあるこの土地で、街単位で考える理想のテレワーク環境を都市部のオフィスワーカーにご提案することにより、人口に関係する2つの社会課題に対して同時にアプローチをかけていきます。

▶さまざまな企業リスクを伴う東京一極集中
コロナ禍における都内では、ラッシュアワーの満員電車を筆頭に、市中感染のリスクがことさらに取り沙汰されました。いま都内にオフィスを構える企業には、感染症対策としてだけではなく、今後の事業継続を左右するBCP対策の一環としても、オフィス機能の分散が求められています。

▶地方人口減少は企業にも暗雲をもたらす
人口が過密する都内とは対照的に、深刻な人口減少により過疎化が進む地方。少子高齢化に伴う労働力人口不足が懸念される昨今において、人と仕事が都市部に集約されている現状は、健全であるとは言えません。企業においても、人材を確保するために地方へと進出せざるを得ない時代が到来しています。

都心のオフィスワーカーと富士吉田市にソリューションを提供する

.work RESIDENCEプロジェクトは、6つの強みを活かして、都心のオフィスワーカーと地方都市である富士吉田市が抱える課題にソリューションを提供し、双方の現状改善に貢献する事業を目指して誕生いたしました。

▶Point(1)
会社でも自宅でもない、第3の働く場所“サードプレイスオフィス”で働くことができる
世間では「テレワーク=在宅勤務」というイメージが先行していますが、プライベートな場である自宅での就業は課題も多く、すべての従業員にとって最適であるとは言えません。そこで注目したいのが、「会社(第1の場所)」でもなく、「自宅(第2の場所)」でもない第3の場所を働く空間として認める"サードプレイスオフィス"という発想。富士吉田市には、コンセプトの異なる2つのコワーキングスペースをはじめ、テレワーク向きのサードプレイスオフィスが数多くあります。

▶Point(2)
富士山麓に広がる絶好のロケーションが楽しめる、リフレッシュに最適な環境
街中のいたるところからダイナミックな富士山を眺望できる富士吉田市は、都内から日帰りで訪れることも可能な交通利便性の高い場所にあり、夏場は避暑地としても知られる高原都市です。また、周辺一帯が関東有数の観光地となっているため、アクティビティや観光スポットも満載。オフの日まで存分に堪能できる、ワーケーションにもってこいの環境が整っています。

▶Point(3)
「仕事場所」と「短期滞在場所」の両方があることで、幅広いシーンで利用できる
パソコンひとつで仕事ができるイメージが強いテレワークですが、ネット環境や備品など、必要となる条件が多々あり、業務内容によっては実行できるシーンが限られています。そこでwork RESIDENCEプロジェクトでは、充実したテレワーク環境が整っている「働く場所」と「滞在拠点」をセットでご用意いたしました。地方で行うテレワークに欠かせない2つの要素が揃っていることにより、日帰り出張やファミリーでの中長期的なワ―ケーションはもちろんのこと、移住前の視察などに幅広くご利用いただけます。

▶Point(4)
必要に応じて、近隣にある有人コワーキングスペースと使い分けができる
徒歩圏内にある有人と無人のコワーキングスペースを、必要に応じて使い分けることができるのも、.work RESIDENCEプロジェクトならではの魅力です。両施設ともに十分なテレワーク環境が整っていますが、集中してタスクをこなしたい時は無人、コミュニティを深めたい時は有人など、利用用途やその日の気分で働く場所をお選びいただけます。工夫を凝らせば、働き慣れた自社オフィスに限りなく近い環境を再現することも不可能ではありません。

▶Point(5)
仕事だけではなく、自分好みの過ごし方を模索できる
.work RESIDENCEプロジェクトは、都心で働くオフィスワーカーに理想的なテレワーク環境をご提供することを主とした事業ですが、仕事一辺倒のものばかりではなく、日常生活におけるメリットも享受できます。本事業で利用できるコワーキングスペース主催の交流イベントを含め、催し事が多くさまざまな文化が交錯する土地柄であるため、新しい出会いや発見も日常茶飯事。「働く・交流する・遊ぶ」をまるごと味わいつつ、自分なりの地方暮らしの最適解をお探しいただけます。

▶Point(6)
富士吉田市と都心のオフィスワーカー、双方にとってプラスとなる
.work RESIDENCEプロジェクトを活用すれば、働く場所の制約をなくすことが可能です。これまで都心で働いていたオフィスワーカーにとっては、新しい働き方の選択肢を増やすことができ、「本当は地元に帰りたいが働き口や給与に不安がある」「家庭の事情があり東京での仕事継続が困難になった」といったI・Uターン転職者や希望者が抱える悩みも解消されます。一方、富士吉田市にとっては、東京から人の流入が加速することによる関係人口増加が期待でき、働く場所の制約をなくすことが双方に与えるプラスの影響は計り知れません。

多様なビジネスシーンに対応する富士山麓の街

充実したワークスペースが点在し、周辺を富士山麓の大自然に包まれた富士吉田市は、幅広いビジネスシーンに対応できる地方テレワーク都市です。ビジネス利用の候補先に地方をご検討の際には、ぜひ.work RESIDENCEをご活用ください。

▶Scene1~オンサイト・オフサイトミーティング~
WEBカメラやディスプレイが完備された貸会議室では、快適なオンサイトミーティングはもちろんのこと、オフサイトミーティングとの組み合わせ利用も可能。富士山麓の大自然がグリーンアメニティとなる贅沢な空間を、有意義な会議のためにお役立ていただけます。

▶Scene2~開発合宿・幹部合宿・社員研修~
雄大な富士山の裾野で、企業研修や開発合宿はいかがでしょうか。会場となる施設内には、ワークスペースや会議室、セミナー利用もできるイベントエリアを完備。市内には提携する複数の宿泊施設がありますので、団体様でのご利用も安心です。

▶Scene3~地方移住体験・お試しテレワーク~
.work RESIDENCEプロジェクトで滞在できる各拠点は、中長期的なご利用も可能です。地方移住やテレワークを体験したい方も大歓迎。初めて地方でテレワークを体験するなら、ぜひ富士吉田市でお試しください。

▶Scene4~短期集中型ディープワーク~
2つのコワーキングスペースでは、デスクワークに集中できるエリアや安心してビデオ会議が行えるブースなど、それぞれ利用用途に応じて施設内のスペースが区切られています。また、滞在拠点にも十分なテレワーク環境が整っているため、籠りながら短期間で集中して取り組みたい場合にもお役立ていただけます。

▶Scene5~ワーケーション~
富士山と富士五湖といった豊富な観光資源に囲まれている富士吉田市には、世界的な人気を誇る観光スポットもあり、ワーケーションを目的とする滞在にはこの上ない環境です。各観光名所へのアクセスも良いため、あまり観光に時間を割けられない場合でも、スキマ時間で余暇をお楽しみいただけます。