BLOG

最新情報や”働き方改革×地方創生”に役立つ情報を随時更新しています。
毎週最終営業曜日には.workスタッフが一週間の様子をまとめて発信しています。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 働き方実験
  4. 働き方実験(6)〜横瀬町&秩父市のワーケーションツアーに参加してきました!〜

働き方実験(6)〜横瀬町&秩父市のワーケーションツアーに参加してきました!〜

2020年2月に.workを離れて、埼玉県で開催されたワーケーションツアーに参加してきました!
当社からは3名が参加させていただきましたので、代表で松永が「ワーケーションツアー」の様子をお届けします。

◆ワーケーションとは?

「Work(仕事)」と「Vacation(休暇)」を組み合わせた造語です。
一日の中に仕事の時間と休暇の時間を組み合わせて、柔軟に働くことを指します。 これまで旅行に行くときには仕事とプライベートを切り離す必要があり、仕事が忙しいと長期休みを取って旅行に行くことは難しいのが実情でした。
しかし、ワーケーションを取り入れた働き方をすることで、旅行中に仕事ができるため、長期休暇を取得しやすくなります。 また、いつもと異なる場所でリフレッシュしながら働くことができるので、仕事へのモチベーション向上効果も期待できるそうです。

◆ワーケーションツアーの舞台である「横瀬町」とは

横瀬町は埼玉県北西部、秩父郡の町です。
公式サイトには、「日本一チャレンジする町」と記載されています。
チャレンジ精神が体現されている取り組みの一つに「よこらぼ」という官民連携のプラットフォームが公式サイトで紹介されていました。「よこらぼ」では、横瀬町をフィールドに実証試験などの取り組みに関するプロジェクトを募集していて、なんと、3年間で70件以上のプロジェクトが採択されているとのこと! 採択プロジェクトの情報はすべてオープンになっていますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

◆今回のワーケーションについて

今回のワーケーションは、「よこらぼ」と「働空間(はたらくうかん)」が連携して企画されました!
「働空間」とは、埼玉県秩父市にあるコワーキングスペースです。

プログラムは2種類用意されていました。
1)「仕事と子育ての両立」をテーマにした家族向けプログラム
2)「働くを考える」をテーマにした企業向けプログラム

私達が参加したのは、もちろん企業向けプログラムです!
(家族向けプログラムも大変魅力的でした…!)

企業向けプログラムの内容は、こちらです。

※当日のプログラムとは一部異なる箇所があります。

一泊二日の中に「Work」と「Vacation」が組み合わさっていて、わくわくします!
それでは、実際のワーケーションの様子をお伝えします♪

スタート地点へ出発!

池袋駅で当社の社員と待ち合わせて、いざ秩父へ!
乗車から90分で到着するというアクセスのよさから、都心からこんなに近いなんて!と驚きました。
降車した西武秩父駅前には温泉や充実した物販エリアがあり、早くも旅行に訪れた気持ちです。
いかんいかん、今日はWork(仕事)も兼ねているんだぞ…と、気を引き締めて、今回のワーケーションツアーのスタート地点である「働空間」さんへ!

緑が特徴的な清潔感のあるコワーキングスペース「働空間」さんに到着しました。 ここから私達のワーケーションツアーが始まります。

ちなみに、働空間さんには.workと同様、受付にanyplaceを設置していただいていますので、さまざまな企業さまにとっての勤務許可地点として登録可能です。
ということで、私達も「働空間」さんのanyplaceをスマホアプリで認識して、「入室」ボタンをクリック!これで、離れた場所にいる同僚にも、今から仕事を始めることをリアルタイムに伝えることができました。

印象に残ったプログラム紹介

今回、特に印象的だったプログラムを紹介します!
(すべてのプログラムをお伝えしたい気持ちでいっぱいなのですが、充実度が高く、一回のブログ記事にはとても収まりそうにないので…。ご了承くださいませ。)

Work:行政から見る官民連携のあり方についてのセミナー受講

横瀬町の副町長である井上さんに、「よこらぼ」をどのように運営されていているかを詳しく伺うことができました!
行政と民間が協力体制をとって地域を盛り上げていく仕組みづくりについて、参加された皆さん興味津々でした。
「横瀬町でこんなことにチャレンジしたい!」という想いを持ち寄るプラットフォームを行政が提供されているのは大変心強いですね!
なんと、応募されたプロジェクトのほとんどを採択されているとのことです。
あらためて、横瀬町の柔軟さを実感したセミナーでした。
よこらぼ」については、公式サイトでとっても分かりやすく説明されているので、ぜひご覧ください!

特色あるしくみを伺うことができて、嬉しかったです。
ツアーやイベントでないと直接副町長からのお話を伺うこともできなかったと思うので、機会をつくっていただけたことに感謝します(^^)

Vacation:市内でイタリアンレストランを経営している堀内さんの農場視察

プログラムを拝見したときは「なんで農場視察…?」と疑問に思いましたが、実際に参加してみたら、今回のワーケーションツアーになくてはならない要素の一つであることを実感しました。
農場では、秩父の土壌と気候について詳しく説明していただき、「何が育てられるか」、「どう育てたらいいのか」を熱くお話いただき、引き込まれました。

実際に農場を見せていただくと視覚・嗅覚・聴覚、のすべてで農作物を味わうことができたように思います。普段は室内でデスクワークをすることが多い仕事なので、久しぶりに土の香りを感じることができました。これがワーケーションにおけるリフレッシュ効果かもしれませんね!

また、普段の旅行では、「おいしいものを食べよう!」「楽しそうな場所に行こう!」とガイドブック片手に考えていたので、実際に地域の根本的な部分にはなかなか触れることができてはいなかったことを知りました。

農場視察の後は、実際に農場で堀内さんが育てられた野菜を、堀内さんが経営するレストランでいただき、お腹も心も大満足です。

こちらのお料理、見た目が鮮やかなだけではありません。野菜の味が、濃いのです!甘みもしっかり感じられて、想像以上のお味でした。近所のスーパーでは出会えなかった喜びです。

Work:「AREA898(えりあ はちきゅうはち)」さんでデスクワーク

AREA898さんは、横瀬町民による横瀬に関わる人たちのためのコミュニティ・イベントスペースとして、開設されました。使用されなくなっていたJA旧直売所跡地を利活用されたスペース内は、手作り感があり、温かみを感じます♪

いつもと違う環境でのデスクワークにわくわく!

ブランコに腰掛けてブログ記事を書いてみたり…

カウンターを挟んで、お話してみたり…(日当たりがよくて気持ちいい!)

デスクワークタイムは朝の8時から9時半までだったので、朝活気分で仕事ができました。

Vacationの最中、朝イチで仕事をするのは気持ちがいいですね!

朝にぐっと集中できた分、生産性も高まった気がします。

普段と異なる環境で働くことは日常生活においてあまりないことなので、いつもと同じ仕事内容でも場所を変えると刺激的に感じるんだと実感しました。

Vacation:横瀬の地で収穫したそばの実だけを使用した「そば打ち体験」

人生ではじめてのそば打ちを今回のワーケーションで体験させていただきました!
そば打ちを体験させてくださったのは「しんべい」さんです。
自ら横瀬の地で収穫したそばの実だけを使用していて、普段お客様には、石臼での挽きたて&打ちたて&茹でたての「そば」を提供されているとのことです。
ワーケーションに参加したメンバーでそば打ちの工程を分担して、一つのそばをつくりました。

できた!(ちょっと不格好なのも、これはこれで味があります…よね?)

美味しくいただきました! 旅先での新しい経験は、自分の拠点に戻ったときに、新しいことにチャレンジしたくなるような刺激を与えてくれます。Vacationをしっかり堪能させていただきました(^^)


いかがでしたでしょうか?

ワーケーションツアーは、その名の通り「Work(仕事)」と「Vacation(休暇)」が組み合わさった内容で構成されていて、自分ひとりでは出会えなかった経験や機会をたくさんいただくことができました。

今は「オフィス」や「自宅」で働く働き方が多い状況ではありますが、たまにはワーケーションの働き方も組み合わせて、リフレッシュしながら業務に取り組む日があると、もっと働くのが楽しくなりそうですね!

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

また、今回のワーケーションを企画・運営してくださった皆さま、素敵な機会をいただき、本当にありがとうございました!

また必ず伺います!

関連記事